20000歩


ナツメ堂が「よく歩くようにすると良いですよ」と、皆さんに話すときの目安。
20000歩!
できれば一気に20000歩歩いても心地よい疲れでそのまま日常が過ごせるくらいまで。
と説明します。
私と家族の経験とよく歩いていて健康な方の話をもとにしています。
先日、だんだんと歩けるようになったので20000歩歩いてみたら膝が痛くなった。
みんなにも歩きすぎと言われたし20000歩は歩きすぎなのかなと話されました。
1日8000歩くらいが一番長寿で健康だったって研究結果もありますからね。
わかります。
しかし、ここで大切なのは、ナツメ堂で「明日からいきなり20000歩」とは言ってませんし、「毎日20000歩」とも言ってないことです。
20000歩を平気で歩ける足腰の力と持久力をつけると健康でいられますよと話しています。
つまり、この方は歩き過ぎなのかときかれれば歩き過ぎなのですが、「今の身体ではまだ20000歩は多い」ということです。
それを膝の痛みが教えてくれたということにすぎない。
ナツメ堂ではそう考えます。
よく内側を観察すれば何歩ぐらいが限界か分かります。
少しずつ伸ばしていけばよいのですし、少しずつしか無理です。
ちゃんと力がつけば20000歩歩いてもそう身体が痛くなったりヘトヘトに疲れたりしませんし、そのために歩くのです。
20000歩という数字は目安にすぎませんし目的ではありません。
一度その力がつけばそんなに一生懸命歩く必要はないですし、それでも割と歩くようになります。
そして、多く歩くことで体や心の内面と対話すること五感を取り戻すことをしてください。そうすれば痛みが出ても止めたほうがいいか気にしなくてもいいかもわかります。
また、黙々と歩くのは歩行禅にも通じます。
それが歩くことをお勧めするもうひとつの理由です。
少しずつ頑張ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください