終わりない整體


ナツメ堂の整體は痛いし擽ったいし長いし。
悶絶度合いには個人差がありますが、気持ち良いとはなかなかいいにくい。
多くの方がはじめはおっかなびっくり肝試しみたいに受けられます。
二度と来ないからまあまあ悪くないんじゃないから癖になるまで感想は様々ですが、コツコツと受けててくださる方たちはいます。
その間には調子は良くなったり悪くなったり一直線には良くなりません。
今までなかった症状が出てきたりすると「ナツメ堂のせいで悪くなったか?」と思われる方もいると思います。
私も「あれ?やっちまったか💧」と思いますから。
そんな中も諦めず通われると、それぞれの方の元気度とか整體の頻度、日常どう過ごされるかにもよりますが、1年から2年でだんだん変わっていきます。
痛くない事はないけど悶えなくなりますし、寝れる時間も出てきたりしますし、弱い筋肉も減っていきます。
私のやることは減っていきます。
しかし、減るのは今までやっていたことです。
やることなくなって早く終わるってこともありません。
することが細かく今までできなかったことへ向かいます。
もしかしたらこっからが本番の整體かもしれません。
どこで整體を終わらすかは皆さん次第ですが、することに終わりはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最近の投稿